1日8000歩で還付金がもらえる

毎日ウォーキングやランニングを習慣にしている人にとってはうれしい、新たな保険サービスが登場することが判明した。

1日8000歩で還付金!?

日本経済新聞が報じたところによると、東京海上日動あんしん生命保険とNTTドコモが協力して「1日の歩数が8000歩を超えると還付金が出る」医療保険のスタートが決定。保険加入者に端末を貸し出して毎日歩数を計測するという仕組みで、8月から首都圏の保険商品を扱うドコモショップ、秋からは全国の代理店でも取り扱う予定になっている。

ネット上では、「これは面白いかも」「散歩促すのは良いことだな」と好評を博しているが、なかには8000歩というハードルを高いと感じる人もいるようだ。「8000歩はなかなかきついな… うまいラインを設定してきたな」「膝がボロボロになって別の保険が必要になりそう」「代わりに歩数を稼ぐバイトが誕生しそう」との声も上がっている。

なお、厚生労働省が2016年に発表した「平成27年『国民健康・栄養調査』の結果」によると、日本人の平均歩数は20~64歳の男性が1日7970歩、女性が6991歩とのこと。年齢別で8000歩を超えているのは20~29歳男性の8801歩と50~59歳男性の8071歩のみだが、意識次第では8000歩の壁を超えることは難しくないのかもしれない。

ちなみに、「日本リサーチセンター」が2013年に行った調査では、医療保険に加入している20~29歳の割合は48.1%で、50~59歳では78%。医療保険の需要が高まる50代にとってはうれしい保険になりそうだ。

炎上にチケット代、お天気まで……変わった補償の保険たち

なお、昨今では「8000歩保険」以外にも変わった保険サービスが登場している。今年3月には損保ジャパン日本興亜が「ネット炎上対応費用保険」を開始。企業に関するネガティブな情報がSNSなどで拡散、または拡散する恐れがある場合、炎上の拡散防止やメディア対応に要する費用を補償してくれる。

また、「チケットぴあ」が提供するのは「チケットガード」という保険だ。急な病気やケガ、突然の出張から交通機関の遅延まで、様々な理由でイベントの観覧や参加ができなかった場合にチケット代金を補償してくれる。

ほかにも、「ジャパン少額短期保険株式会社」は旅行先で雨が降った場合に旅行代金を還元する「お天気保険」を提供。旅行日程からプランに合わせて3時間、6時間、10時間をあらかじめ選択し、その時間帯に雨が降り続けた場合に適用できるという仕組みだ。

今後も様々な種類が発表されるであろう保険サービス。いまはまだ存在しないサービスでも、いつかは自身のニーズにあったものが登場するかもしれない。

 

こちらの「通知」ボタンも試してください。プッシュ通知の時だけしか受け取れないお得な情報を配信しています。

 

右下のボットアイコンから直接、私達とコミュニケーションとってみませんか?
あなたのWEB活動を応援します。

「WEB活動のノウハウなど、あなたのこれやりたいに応えています。」参加の仕方は簡単です。右下のボットアイコン
を押してください。