YouTubeで運転の方法を学んだ8歳児

YouTubeにはさまざまなチュートリアルが公開されていますが、チュートリアルの1つである「運転の方法」を見た8歳の少年が車を運転して妹と一緒にマクドナルドまでドライブしてしまう事件が起こりました。目撃者によると、少年は交通ルールに従い、赤信号ではちゃんと停止し、制限速度を守って運転していたとのこと。

これは2017年4月9日(日)の出来事。アメリカ・オハイオ州のイースト・パレスティーンに住む8歳の少年は、20時頃、両親が眠っている間に父親の車を運転して4歳の妹と一緒に自宅から0.5マイル(約800m)ほど離れたマクドナルドに向かいました。

少年が運転する車がドライブスルーに到着し、少年が貯金箱からお金を取り出してチーズバーガーを注文した時、店員は親が後部座席にいて、自分を驚かそうとしているのかと思ったそうです。しかし、本当に子どもしか車に乗っていないと気づいた店員は警察に連絡。警察がやってきたことで少年は自分が何か間違ったことをしたのだと気づき、涙を流しながら「チーズバーガーが食べたかっただけ」と語ったとのこと。警察によると、少年は朝食・昼食・夕食を取った上でチーズバーガーを食べたかったようで、この一件はネグレクトとは考えられていません。両親は1日中子どもと遊んだことで疲れて眠り込んでしまったそうです。

兄妹を目撃した友人家族が兄妹の祖父母に連絡を取ったため、マクドナルドには祖父母がやってきたのですが、祖父母を待つ間、2人は念願のチーズバーガーとチキンナゲット、フライドポテトを食べることができました。そして、祖父母と兄弟は警察署に移動し、まもなく両親が迎えにきたと伝えられています。なお、今回の一件について罰金などは発生しなかったとのことです。

 

こちらの「通知」ボタンも試してください。プッシュ通知の時だけしか受け取れない厳選ネタを配信しています。

 

右下のボットアイコンから直接、私達とコミュニケーションとってみませんか?
あなたのWEB活動を応援します。

「WEB活動のノウハウなど、あなたのこれやりたいに応えています。」参加の仕方は簡単です。右下のボットアイコン
を押してください。