ネット副業サービスの認知度&利用意向の調査結果

「ネット副業サービスの認知度&利用意向」に関する調査結果を発表した。同調査は9月7日~14日、男女1,058名を対象に、インターネット調査で実施している。

「ネットを使って収益を得るサービスを知っているか」を聞いたところ、57%が「はい」、43%が「いいえ」と回答した。

「はい」と答えた人に、「名前を知っているサービス」を質問したところ、1位は「アフィリエイト」(40.8%)だった。次いで2位は「クラウドソーシング」(32.9%)、3位は「広告配信」(21.4%)。以降、4位「ハンドメイド販売」(20.8%)、5位「スキル販売」(11.3%)と続いた。

「今後、ネットを使って収益を得るサービスを利用したいか」を聞いたところ、53%で「利用したくない」が最も多くなった。以降「今後利用してみたい」(33%)、「現在利用している」(14%)となった。

ネット副業サービスの「利用意向率」(「現在利用している」+「今後利用してみたい」)をみると、全体では47%だった。年代別にみると、「10代」「20代」(いずれも56%)が最多に。以降、「30代」(51%)、「40代」(45%)と続いた。

「認知率」の年代別にみると、63%で「40代」が最も多くなった。次いで「30代」(62%)、「20代」(61%)と続いた。

 

こちらの「通知」ボタンも試してください。プッシュ通知の時だけしか受け取れない厳選ネタを配信しています。

 

右下のボットアイコンから直接、私達とコミュニケーションとってみませんか?
あなたのWEB活動を応援します。

「WEB活動のノウハウなど、あなたのこれやりたいに応えています。」参加の仕方は簡単です。右下のボットアイコン
を押してください。