インターフェース(管理画面)をより使いやすくをテーマにカスタムCMSとしてWordpressやDrupal、GravCMS、Pico、pukiwikiなど、その他多種類のオープンソースの管理画面インターフェースを使いやすくカスタムしました。

例えば、標準のWordPressですが、なんだかんだでWebの知識がある程度なければ、初心者には使いづらいことがとても難点でした。
それらを当方では、カスタムCMSという位置づけで管理画面インターフェースをカスタムして初心者に使いやすいようにカスタマイズしました。

画像の説明

※WordPressで怖いのは、プラグイン。プラグイン自体がウイルスだったなど多々ある。結局研究のプラグインだったりもして、これらファイルを修正することも相当な労力となるため結果、自作する量力と同じくらい時間を費やするなど無駄が多く発生する。

私たちは、複数CMSによるインターフェースを用意しています。
これにより、選択肢が広がることはもちろん。
むしろ、自分に合った自分の為のインターフェースを利用できるようになる。

しかも、当方では「体験」して決めることができるので、自分で操作性や性能を選択できるという魅力が強みとなる。

管理画面インターフェースの違い

カスタマイズ前の一般的な管理画面

画像の説明

管理画面パターン①

画像の説明

管理画面パターン②

画像の説明

このようにカスタム後の管理画面CMSのインターフェースは使いやすいように機能します。

あとは、その使いやすさを「体験し実感してみてください」。
よろしくお願いします(#^.^#)

※色々なオープンソースを体験できます。
また、カスタムする理由は、それぞれ、人によって用途があったりしますので、必ず自分に合った自分が使いやすいためのCMSに出会えます。

以下、補足情報

CMSとは?

CMSとはコンテンツ・マネジメント・システムの略です。HTMLを編集するスキルがなくてもサイトを更新・管理することができるシステムです。管理画面からテキストや画像を登録することができ、ブログもCMSの一種といわれています。

画像の説明

私たちは、複数種のCMSをカスタマイズし多くの人々が使いやすくなるようにカスタマイズしています。
もとがオープンソースなので、もちろん「無料」ですぐに始められます。
ぜひ、ここで、自分に合う「ホームページ作成システム」を探してみてください。