TeacherBankについて

当方は、個人事業主です。屋号は「TeacherBank」です。
沖縄県にて、長年、広告事業を展開しております。ホームページ制作代行、DTP制作、オンライン家庭教師、中古パソコン販売、IPフォン販売、ミリタリー関連物販、米軍払い下げ業など幅広く活動しています。

Webサイト開設等のサポート等を主な業務として、地元企業、NPO法人や任意団体様と、お付き合いさせて戴いている会社です。

その中で少し前から社長個人で創った「TeacherBank」は、個人向けのサービス事業として、教育関連向けサービスを始めたいという想いから立ち上げた屋号としての個人事業です。

CMSとは

CMSとはコンテンツ・マネジメント・システムの略です。HTMLを編集するスキルがなくてもサイトを更新・管理することができるシステムです。管理画面からテキストや画像を登録することができ、ブログもCMSの一種といわれています。

画像の説明

私たちの特徴

この違いを知ることで、WEBサイト制作におけるメリットがわかります。
優位点として、直感的に操作できる管理画面インターフェースで初心者にも使いやすいことが挙げられます。
魅力としては、「更新作業が簡単」「スマートフォン対応」「安定した運営」が挙げられます。

ここで1つの例を出して説明します。
例えば、標準のWordPressですが、Webの知識がある程度なければ、初心者には使いづらいことがとても難点でした。
それらを当方では、カスタムCMSという位置づけで管理画面インターフェースをカスタムして初心者に使いやすいようにカスタマイズしました。

画像の説明

※WordPressで怖いのは、プラグイン。プラグイン自体がウイルスだったなど多々ある。これらを修正や駆除することも相当な労力となるため結果、自作する量力と同じくらい時間を費やするなど無駄が多く発生する。

私たちは、複数CMSによるインターフェースを用意しています。
これにより、選択肢が広がることはもちろん。
むしろ、自分に合った自分の為のインターフェースを利用できるようになる。

しかも、当方では「体験」して決めることができるので、自分で操作性や性能を選択できるという魅力が強みとなる。

管理画面インターフェースの違い

カスタマイズ前の一般的な管理画面

画像の説明

管理画面パターン①

画像の説明

管理画面パターン②

画像の説明

このようにカスタム後の管理画面CMSのインターフェースは使いやすいように機能します。


総合力でも威力を発揮します

画像の説明


失敗の歴史があるから…(代表者メッセージ)

これまでの敗北の歴史が今のサービスに大きな影響を与えている。
培ってきた経験を活かすためにも失敗は無駄ではなかった。

気が付いたら9代目のサイトになっていました。
小さな成功の裏には失敗の連続もありました。

何かに夢中になることが大事なのですが、それが時に人から笑われることもある。
しかし、私は全く気にしなかった。
むしろ、気が付いた時には売り上げもなにもかも上位クラスになってたよね。

私がしたことをあなたにも教えます。
良かったら私と共有してください。
ゼロから教えます。そして歓迎します。

私のスタンスでは、あーだこーだではなく「まず、やってみてよ」。
そういう感覚の方が強いかな。
失敗を恐れずにやってみる事が大事だと思います。