【CTC調べ】チャットツールの企業導入率は約3割、利用率トップは「Skype」

チームメンバーと、どんな手段でコミュニケーションを取っていますか?──伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が、2017年2月に実施した「大手企業のビジネスチャットツール導入実態」の調査結果を発表。「会社として、公式にチャットツールなどのコミュニケーションツールを導入しているか」の質問から、企業導入率は3割に満たない状況が分かった。「全社で導入済み」は12.1%、「一部で導入」は16%、対して「導入していない」は71.8%だった。

導入理由で特に多かったのは、「時短」と「生産性向上」が挙がった。一方、導入していない理由は「業務に必要がない」が多かったものの、「セキュリティが心配」「会社側での管理・運用対象が増える」「社内コンプライアンスや稟議を通すのが困難」といった、「会社の公式ツールとして導入するならば、対策すべきこと」を課題としている企業も多かった。また、「導入したが、使われなかった」という残念な回答もあった。

 ではビジネスコミュニケーションツール導入済みの企業は、どんなツールをどんな選定理由で採用したのか。

 ツールの種類では、従業員が主にPCを利用している場合と、主にスマートデバイスを利用している場合で、導入ツールに違いがあった。主にPCを使う企業は、「Skype」が最も多く、利用率は30.5%。次いで「Facebook」が15.3%、「Microsoft Teams」が11.9%と並んだ。それに対して、主にスマートデバイスを業務で活用する企業は、「LINE」が24%でトップ。続いて「Facebook」が19.8%、「Skype」が16.8%となった。また、スマートデバイスを主に使う企業の方が、総じてツール導入率が高いことも分かった。

ツールの選定基準は、「使いやすさ」が21.6%がトップ。続いて「セキュリティ」が20.6%、「業務効率化」が15.6%、「安心感(開発している会社に信頼があるなど)」が15.1%と並んだ。その理由には、「スピーディにコミュニケーションができる」(23.6%)、「会議時間の短縮が期待できる」(15.7%)、「複数人での情報共有が容易になる(他部署間とのコミュニケーション活性化など)」(13.9%)が挙げられた。

 一方、「会社として」公式に認められていなくとも、従業員がプライベートで使っているツールを業務でも使用している場合もあるかもしれない。調査では、公式ツールを導入していない企業のうち、半数以上がこのシャドーIT状態を把握できていない状況も明らかになった。「従業員が会社としては使用を認めていないチャットツールを会社に無断で業務に利用しているか、もしくは利用していることを把握しているか」の質問では、「分からない」が52.4%、「把握はしていないが、利用されていると思う」が7.8%となり、合計すると、「利用されている実態はない」の35.5%を大きく上回った。

同調査は、売上規模100億円以上、従業員数200人以上の企業に勤務する経営層からリーダークラス以上の役職者を対象に、2017年2月3~4日に行われた。有効回答数は412。

 

こちらの「通知」ボタンも試してください。プッシュ通知の時だけしか受け取れない厳選ネタを配信しています。

 

右下のボットアイコンから直接、私達とコミュニケーションとってみませんか?
あなたのWEB活動を応援します。

「WEB活動のノウハウなど、あなたのこれやりたいに応えています。」参加の仕方は簡単です。右下のボットアイコン
を押してください。