働き方満足度 フリーランス

国内フリーランス、56%が「仕事に満足」そのワケは?

ランサーズは3月31日、「フリーランス実態調査2017年版」を発表 した。調査期間は2017年2月14日~18日、調査対象は過去12カ月に仕事の対価として報酬を得た全国の20~69歳の個人、有効回答は3,095人(フリーランス1,549人)。

【フリーランスの経済規模18.5兆円】

日本のフリーランスの数は人口の約17%に当たる1,122万人。前年度からの増加率は5%で、米国の2%を上回った。フリーランスの経済規模は同15%増の推計18.5兆円となった。

フリーランスの働き方を調べたところ、「副業系すきまワーカー」は458万人(前年度416万人)、「自営業系独立オーナー」が326万人(同310万人)、「複業系パラレルワーカー」が276万人(同269万人)、「自由業系フリーワーカー」が61万人(同69万人)と、「副業系すきまワーカー」の増加が目立った。

フリーランスの仕事に対する満足度は56%と、ノンフリーランスの36%に比べて20ポイントも高いことが判明。満足度の理由としては、「自分の能力をいかせていると感じる」が54%と最も高く、次いで「収入が増えた」が32%、「ワークライフバランスが良くなった」が28%となった。

フリーランス継続の障壁を聞くと、「収入がなかなか安定しない」が45%でトップ。以下、「社会的信用を得るのが難しい」が17%、「仕事がなかなか見つからない」が15%と続いた。

今後の働き方として、副業をしてみたいと答えた人は73%、フリーランスを継続したいという人は78%に上ったとのこと。

以下の「通知」ボタンを試してください。プッシュ通知の時だけしか受け取れないお得な情報を配信しています。