キャッシュ専用SSD「Optane Memory」が発売

インテルから、新メモリー技術「3D XPoint」を採用するキャッシュ専用のSSD「Optane Memory」が登場。本日28日より販売がスタートした。発売されたのは、容量16GBの「MEMPEK1W016GAXT」だ。

「Optane Memory」は、低速なSATA接続のストレージ(HDDやSSD)と組み合わせて高速化するキャッシュ専用のSSD。インターフェースはPCI Express(3.0) x2でフォームファクターはM.2 2280。今回発売されたのは、容量16GBの「MEMPEK1W016GAXT」で、Optane Memoryのコントローラーと16GBの3D XPointフラッシュメモリーで構成される。

なお、動作条件として、CPUが第7世代CoreプロセッサーとPCHに繋がるPCI Express×2もしくは×4接続できるM.2スロットを備えたIntel 200シリーズチップセット搭載マザーボード。さらにインテルのRST(Rapid Storage Technology)15.5以降のドライバーが必須となる。

ちなみに、SSDとしてのスペックは、シーケンシャルリードが最大900MB/sec、同ライトが最大145MB/sec、ランダムリード4Kが最大19万IOPS、同ライトが最大3万5000IOPS、MTBFが120万時間。気になるパフォーマンスについては、HDDベースのPCが超サクサク!インテル「Optane Memory」速攻レビューで詳しく解説しているので参照してもらいたい。

 価格は約5800円。パソコンショップアーク、オリオスペック、ドスパラ パーツ館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で、今月(2017・05)から販売が始まる予定だ。

 

こちらの「通知」ボタンも試してください。プッシュ通知の時だけしか受け取れない厳選ネタを配信しています。

 

右下のボットアイコンから直接、私達とコミュニケーションとってみませんか?
あなたのWEB活動を応援します。

「WEB活動のノウハウなど、あなたのこれやりたいに応えています。」参加の仕方は簡単です。右下のボットアイコン
を押してください。